プロスピAの限界突破のやり方!無課金で効率よくやるおすすめは?

目安時間:約 12分

プロスピAではスピリッツを最大にするための限界突破は欠かせません。

 

私も最初はよくわからなかったのですが、限界突破は重要です。

 

例えば、2018シリーズ1のSランクだとレベルMAXにしてもスピリッツは2436です。

しかし、極にすれば2800になりますので、その差は364となります。

 

これが24人の選手で考えてみると8736も違いますから、チームスピリッツはかなり違うでしょう。

 

ちなみに特訓だけ10にした場合は2548となりますので、252も差があります。

限界突破の方が幅があるので、限界突破は重要なんですね。

 

私の失敗を元にSランクを効率よく限界突破するための戦略をお伝えしていこうと思います。

 

プロスピAの限界突破のやり方!

プロスピAの初心者にはわかりにくいと思いますので、限界突破のやり方について解説します。

 

限界突破の条件は

 

1.同名選手の同ランク
2.同名選手の1つ下のランクのレベルMAX
3.同名選手の1つ下のランクの特訓レベルMAX

 

のいずれかで出来ます。

具体的に鈴木大地選手のSランクで限界突破をする場合で考えてみましょう。

 

1.鈴木大地選手のSランク
2.鈴木大地選手のAランクのレベル60
3.鈴木大地選手のAランクの特訓レベル10

 

この3つの条件のどれかを満たせば限界突破することが可能です。

 

ちなみに限界突破の条件にはシリーズは関係ありません。

 

例えば鈴木大地選手のAランクであれば、2017年でも2018年でも問題ないという事ですね。

 

限界突破は効率よくやろう!

Aランク以下の限界突破であれば苦労しませんが、Sランクだと苦労します。

 

というのも、Aランク以下はかぶりも多くなりますので、同ランクの同名選手が手に入りやすく、すぐに限界突破が出来ます。

 

しかし、Sランクに関しては被ることが少ないので同名選手での限界突破をする条件が厳しくなります。

 

なので、Sランクの限界突破をする場合は1つ下のAランクの「選手のレベル」か「特訓レベル」を最大にしてから行うことになります。

 

限界突破を最大にするためにはAランクの同名選手を5人揃えてからとなりますので、なかなか大変です。

 

そこで、ここでは効率よくやるポイントをいくつか解説しておきます。

 

Aランクの選手は出来るだけレベルをMAXに!

限界突破を効率よくやるコツとしては、気に入っている選手やお気に入りチームのAランクの選手が出たら、レベルを最大にしておくこと大切です。

 

試合に勝てないからといって、レベルMAXの選手だけ使っていると試合で得られる経験値が無駄になります。

 

私の場合は相手のスピリッツを見ながら、レベルが上がっていない選手を出来るだけ入れるようにしています。

 

Aランクの選手をレベルMAXにすれば、同名のSランクを入手できた時に一気に限界突破で使うことができます。

 

別に使わない選手が余っても困る事はないので、レベルMAXの選手だけ使うのはやめておきましょう!

 

私の場合はロッテがお気に入りチームなので、マリーンズのAランクは全て残してレベルを上げています。

 

最初の頃はよくわからずにミキサーで使っていて、ミキサーに掛けたAランクと同名のSランクが出た時に後悔しました。

 

あとは、お気に入りチームじゃなくても、柳田選手や山田哲人選手などの能力値が高い選手のAランクは取っておくと良いです。

 

こういう選手はAランクで限界突破しても使えますので、Bランクの選手を使ったり限界突破コーチを使って「極」にしても良いですね。

 

あと、プロスピを長くやっているとBランクの選手は余ってくるようになります。

 

Bランクの選手が余っていて使い道に困っていたら、Aランクの特訓に使うというのも1つの手です。

 

Bランクで1レベルの選手を5人集めれば、Aランクの選手の特訓レベルを1つ上げる事が可能です。

 

つまり、50人余っていれば特訓レベルを10にする事が出来るんですね。

 

もし、早く限界突破をさせたいのであれば、特訓レベルを上げた方が早く限界突破できますので、そういう時は特訓レベルを上げて限界突破をしましょう。

 

初心者は自チームのAランク契約書はお気に入りチームで使う

効率を考えると1つのチームで選手を集める方が効率が良いです。

 

私はマリーンズをお気に入りチームにしていますが、最初の頃、柳田選手や山田選手、菅野選手のAランクが欲しくて自チームAランク契約書を他球団にして使っていました。

 

しかし、お気に入り球団を変えたからといって、狙った選手が必ず出るわけではありません。

 

それこそ何度も引いて、やっと出るという感じです。

 

私はそうやって自チーム契約書を無駄にした為に、後で自チームのSランク選手が増えた時に限界突破するのが難しくて失敗したと思いました。

 

「極」にする為に仕方なく、いらないAランクの選手をミキサーで使いながら、何とか自チームの選手を増やして限界突破をしました。

 

しかし、ミキサーは5人の選手を使ってしまうので効率が悪いです。

 

Aランクの選手はSランクの特訓レベルを上げる時にも重宝するからです。

 

なので、今持っているSランクの選手の為に「その球団に変えて契約書を引く」というのはやめておきましょう。

 

限界突破コーチはお気に入り球団以外で使う

限界突破コーチはたくさん手に入れるのが難しいので使いどころを見極める必要があります。

 

で、限界突破コーチの勿体ない使い方が自チームの選手に使うという事です。

 

Aランクの自チーム契約書で自チームの選手は手に入るようになっていますので、自チームの選手はAランクの選手を使って限界突破をする方が良いです。

 

逆に他球団の選手はAランクの選手がなかなか手に入らないので、限界突破コーチを利用する方がいいでしょう。

 

 

無駄にコインを使わない

限界突破するときはコインを使いますので、無駄に特殊能力を上げたりするのはやめましょう。

 

今後も残しておく選手であればよいですが、そうじゃない選手は勿体ないので我慢した方がよいです。

 

例えば欲しいSランクが手に入って、Aランクの選手も5人いた場合、限界突破させると一気にコインが無くなります。

 

そしてその選手は特殊能力も上げることになるので更にコインが無くなるのです。

 

覚醒でも結構消費をするので、無駄遣いはやめるようにしましょう。

 

また、限界突破をする際は特訓レベルも一緒に挙げてしましましょう!

 

そうする事で特訓に使う選手の人数が減るのでコインの消費を抑えることができるからです。

 

なので、出来る限りレベルMAXの選手を用意して限界突破と特訓を心がけましょう。

 

まとめ

 

限界突破の効率についてまとめると

 

「お気に入りチームのAランクは残しておく」
「能力が高い選手のAランクはSランクがいなくても残しておく」

「限界突破を速くしたい時は特訓レベルを上げる」

「限界突破コーチはお気に入りチーム以外で使う」

 

特に初心者はこの事をわすれずにプレイしていきましょう。

 

 

限界突破ができない!?

「限界突破ができない」なんて困る事があるかもしれないのでお伝えしておこうと思います。

 

実際、私も

 

「Aランクの同名選手がレベルMAXになったのに何で出来ないんだ!」

 

と思ったことが度々ありました。

 

で、そんな時は条件が満たされているかしっかりと確認しておきましょう。

 

パターン1・・・1度、限界突破したAランク選手でレベルが60でMAXと勘違いしていた。

 

1度限界突破しているAランクの選手はレベル61がMAXとなるので、61にしましょう!

 

パターン2・・・素材となる選手がオーダーの中に入れたままだった!

 

通常オーダーであれば、見落としは少ないのですが、リーグ戦やリアルタイム対戦、チャレンジカップなどに選手が入れていると見落としやすいです。

 

限界突破の素材となる選手はオーダーから外しましょう!

 

条件を満たしているのに限界突破が出来ないという事はないので、必ず確認しておきましょう。

 

 

限界突破についてのまとめ

プロスピA初心者は限界突破の事がよくわからないと思いますが、進めていくうちにその重要性に気づきます。

 

特にSランクを限界突破する時は歯がゆい思いをすることになるでしょう。

 

実際、私もよくわからないまま選手を無駄にしてしまい後で後悔していました。

 

なので、無駄な事はしないようにしましょう。

 

・限界突破はAランクの選手を利用する
・Aランクの自チーム選手や能力の高い選手は使わずにとっておく
・良いAランクの選手はレベルMAXにしておく
・コインは無駄に使わない

・Aランク自チーム契約書はお気に入りチームで使う

・限界突破コーチはお気に入りチーム以外の選手に使う

 

初心者はよくわからずにガチャを回したり、限界突破や特訓などで選手を消費すると思いますが、初心者こそ手に入れやすい環境だったりもするので、戦略を立ててプレイしていきましょう!


カテゴリ:Sランク  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ