プロスピaの山崎康晃選手のステータスまとめ!2015年からの推移

目安時間:約 3分

クローザーの好投手と言えば、プロスピaの山崎康晃選手。

 

2018年もメジャーリーガー相手に頑張っていましたね!

 

そんな山崎康晃選手の能力を過去からまとめてみました!

2015年

 

 


ルーキーとは思えないステータスですね。

落ちるツーシームファストは最初から凄かった・・・・。

 

特殊能力は「奪三振」と「ノビ」でした。

 

2016年

シリーズ1

 

 

 

相変わらず能力が高いです。

まだこの時点では球威が「67C」なのでコントールが良いタイプの選手になってますね。

 

しかし、変化球が多いですね。

 

特殊能力は「奪三振◎」「キレ」です。

 

シリーズ2

 

 

 

シリーズ2で球威が70Bになり、クローザーとして使いやすくなっているように思います。

 

特殊能力はシリーズ1と同じです。

 

 

2017年

シリーズ2

 

 

 

 

2017年のシリーズ1はセレクションしかいなかったので飛ばしましたが、セレクションから「スローカーブ」と「チェンジアップ」が無くなりましたね。

 

ただ、中継ぎと抑えの適正が2015と同じでどちらもSになりました。

 

ストレートがAになってスライダーがCに上がりましたが、落ちるツーシームファストはBになっています。

 

球威も82Aになりましたし、能力が高くなりましたね。

 

2018年

 

 

 

2018年になって球威が85Aで更に増したのですが、変化球が減ってしまいましたね。

 

個人的には前の方が使いやすい印象があります。

 

特殊能力は「キレ◎」「ノビ」「奪三振」です。

 

まとめ

山崎康晃選手は初期に比べると変化球が減りましたね。

 

球威が上がってきたので、変化球もあればコンボも強力にしやすくなるので良かったんですけどね~

 

ちなみに私は落ちるツーシームファストが苦手で、ナックルが来た時しか打てないですよw


カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

ページの先頭へ