プロスピAの上林誠知のステータスまとめ<2015年からの推移>

目安時間:約 3分

 

ソフトバンクの若手の成長株である上林選手のSランクのステータスをまとめてみました。

 

初期に比べるとパリーグの外野手としても見劣りしなくなってきましたね。

 

上林誠知のステータス

 

2017シ1 右D 64C 66C 67C 38F 48E 54D 58D
2017シ2 右C 68C 74B 70B 38F 48E 54D 69C
2018シ1 右B 66C 73B 74B 50D 60C 80A 70B
2018シ2 右B 68C 75B 76B 50D 58C 78A 76B

 

2015年

無し

 

2016年

Aランクのみでした。

 

2017年

シリーズ1

2015年と2016年は15試合程度でしたが、シリーズ1ではSランクで登場しています。

 

守備のステータスは全般的に低いですね。

 

シリーズ2

2017年は134試合に出場してそれなりに活躍していましたので、バッティングのステータスが結構上がっていますね。

 

守備の適正はDからCに上がっていますが、他は変化なしです。

 

2018年

シリーズ1

守備のステータスが大幅に上がっています。

適正もBになりましたし、肩がAになってかなり上がりました。

 

バッターとしては走力タイプの選手に変わりましたね。

 

シリーズ2

シリーズ1よりもバッターとしてのステータスが上がりました。

守備は肩とスローイングが落ちてますが、適正が上がったのでもうすぐAに届きそうな感じです。

 

ミートももう少しなので称号でうまくミートがBになりますね。

 

 


カテゴリ:未分類 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ