プロスピA 2019シリーズ1のSランク選手!野手で当たりは誰?

目安時間:約 18分

2019シリーズ1のSランク選手で野手の当たり選手は誰なのかポジション別にまとめてみました。

 

 

遊撃手

源田 壮亮 72B 63C 84A 81A 78B 70B 流し打ち◎・走塁・守備職人 88A
今宮 健太 66C 71B 71B 54D 49E 80A 固め打ち◎・選球眼・満塁男 73B
中島 卓也 65C 56D 83A 55D 69C 52D 粘り打ち◎・選球眼・走塁 82A
安達 了一 55D 56D 80A 77B 81A 66C 盗塁◎・広角打法・守備職人 81A
藤岡 裕大 60C 59D 74B 57D 47E 80A 走塁◎・選球眼・チャンス 64C
茂木 栄五郎 70B 69C 74B 52D 58D 52D 固め打ち◎・走塁・内野安打 58D
田中 広輔 71B 68C 80A 67C 74B 58D 超チャンスメーカー・固め打ち・走塁 70B
西浦 直享 64C 67C 68C 57D 64C 51D チャンス◎・満塁男・対左投手 72B
坂本 勇人 83A 76B 75B 60C 61C 80A チャンス◎・固め打ち・対左投手 81A
大和 62C 57D 78B 71B 63C 74B チャンス◎・守備職人・対左投手 75B
京田 陽太 63C 62C 81A 69C 60C 60C 走塁◎・内野安打・対左投手 74B
北條 史也 72B 60C 69C 44E 48E 66C チャンス◎・選球眼・ローボールヒッター 66C

 

ショートの選手はキャッチャーに似ていて、打撃より走力や守備力が高いという印象です。

 

個人的には打撃力が高い方がチームが強い気がするので、ランク付けも打撃力を優先したいですね。

 

ちなみにミート・パワー・走力の合計値からすると、坂本選手・源田選手・田中選手の順となります。

 

ただ、私としては・・・

 

1位 坂本選手

2位 今宮選手

3位 北條選手

 

の順ですね。

 

坂本選手は文句なしとして、今宮選手はパワーと走力が同値。

 

北條選手は称号でミートと走力が同値になる可能性があるからです。

 

走力重視のチームなら源田選手やどこでも守れる大和選手がいいですね。

 

右翼手

金子 侑司 62C 56D 82A 47E 56D 67C 超チャンスメーカー・走塁・選球眼 71B
上林 誠知 69C 76B 76B 55D 64C 78B 超プルヒッター・走塁・逆境 80A
太田 泰示 71B 75B 75B 71B 68C 80A チャンス◎・パワーヒッター・ハイボールヒッター 80A
ロメロ 63C 79B 71B 67C 50D 65C 超パワーヒッター・プルヒッター・サヨナラ男 60C
平沢 大河 56D 64C 74B 40E 40E 70B 選球眼◎・チャンス・対左投手 64C
田中 和基 68C 73B 78B 56D 53D 79B 超広角打法・走塁・満塁男 72B
鈴木 誠也 80A 81A 72B 49E 65C 88A 超パワーヒッター・プルヒッター・選球眼 64C
雄平 75B 69C 75B 52D 40E 88A 固め打ち◎・チャンス・代打 61C
陽 岱鋼 68C 73B 73B 55D 40E 60C 超広角打法・チャンス・走塁 66C
梶谷 隆幸 66C 75B 79B 57D 59D 56D チャンス◎・プルヒッター・走塁 66C
平田 良介 80A 71B 74B 71B 67C 73B 超広角打法・チャンス・走塁 78B
糸井 嘉男 79B 76B 79B 44E 49E 87A 超ラインドライブ・プルヒッター・選球眼 48E

 

右翼手は良い選手が多いので、ハズレる方が少ないんじゃないかと思います。

 

ちなみにランキングとしては

 

1位 鈴木選手

2位 太田選手

3位 糸井選手

 

という感じでしょうか。

 

ただ、糸井選手は守備が微妙なので、指名打者として使いたいところですね。

 

 

二塁手

外崎 修汰 76B 75B 78B 46E 45E 61C チャンス◎・固め打ち・走塁 60C
牧原 大成 70B 64C 77B 64C 50D 57D 超チャンスメーカー・走塁・初球 66C
渡邉 諒 60C 70B 72B 40E 44E 66C 超チャンスメーカー・ラインドライブ・対左投手 58D
福田 周平 65C 57D 78B 51D 40E 63C 選球眼◎・チャンス・走塁 66C
中村 奨吾 76B 67C 80A 60C 42E 67C 固め打ち〇・盗塁・初球 72B
浅村 英斗 79B 80A 71B 51D 60C 68C チャンス◎・パワーヒッター・広角打法 70B
菊池 涼介 70B 70B 77B 80A 75B 80A チャンス◎・広角打法・守備職人 80A
山田 哲人 80A 82A 82A 60C 52D 65C 超パワーヒッター・プルヒッター・盗塁 79B
吉川 尚樹 64C 64C 80A 62C 52D 70B 走塁◎・広角打法・守備職人 78B
ソト 77B 83A 60C 48E 41E 70B 超パワーヒッター・連発・満塁男 56D
高橋 周平 64C 70B 63C 55D 62C 61C チャンス◎・ラインドライブ・粘り打ち 64C
糸原 健斗 73B 61C 72B 50D 58D 64C 選球眼◎・流し打ち・チャンスメーカー 56D

 

セカンドも良い選手が多いですね。

 

ただ、順位付けは簡単でした。

 

1位 山田選手

2位 浅村選手

3位 外崎選手

 

という感じですね。

 

山田選手は当然だと思います。

 

浅村選手は称号でミートとパワーが同値のAになる可能性が高いので2位でしょう。

 

外崎選手はミートとパワーのどちらが上がれば走力と同値になりますし、オールBでステータスも文句なしですね。

 

ロッテの中村選手はミートが77だったら称号次第では!って感じだったんですけど。

 

捕手

西武 森  友哉 75B 75B 72B 43E 70B 70B チャンス◎・捕手・パワーヒッター 68C
ソフトバンク 甲斐 拓也 55D 66C 72B 58D 81A 94S 捕手◎・流し打ち・チャンス 76B
日本ハム 鶴岡 慎也 57D 58D 60C 45E 69C 64C チャンス◎・捕手・いぶし銀 65C
オリックス 若月 健矢 58D 56D 62C 53D 41E 86A 捕手◎・チャンス・ハイボールヒッター 66C
ロッテ 田村 龍弘 61C 62C 64C 50D 70B 70B 捕手◎・選球眼・チャンス 74B
楽天 嶋  基宏 54D 56D 66C 37F 52D 69C 捕手◎・選球眼・流し打ち 70B
広島 曾澤 翼 76B 73B 61C 51D 67C 58D 超チャンスメーカー・選球眼・捕手 65C
ヤクルト 中村 悠平 54D 59D 65C 63C 64C 80A 捕手◎・選球眼・意外性 71B
巨人 炭谷 銀仁朗 60C 57D 60C 40E 76B 78B 捕手◎・チャンス・初球 68C
DeNA 伊藤 光 55D 60C 63C 44E 46E 69C 捕手◎・流し打ち・チャンス 70B
中日 松井 雅人 54D 58D 64C 55D 56D 71B 選球眼◎・捕手・チャンス 63C
阪神 梅野 隆太郎 61C 67C 69C 70B 77B 80A 捕手◎・バント○・ヤクルトキラー 73B

 

捕手は打てる捕手が少ないので、現役選手だと悩ましいポジションです。

 

なので、ランク付けをすると・・・

 

1位 森選手

2位 梅野選手

3位 曾澤選手

 

になるかと思います。

 

2018シリーズでは田村選手が同値だったのでランクインしましたが、今回は同値じゃないので入れませんでした。

 

今年の活躍を見ると2019シリーズ2の森選手は凄そうですね。

 

三塁手

 

中村 剛也 65C 83A 65C 42E 44E 63C 超おかわり・アーチスト・チャンス 62C
松田 宣浩 60C 80A 71B 63C 61C 70B 超パワーヒッター・プルヒッター・チャンス 74B
浅間 大基 59D 65C 71B 40E 58D 81A 固め打ち◎・ラインドライブ・走塁 55D
頓宮 裕真 60C 70B 64C 31F 41E 64C 超プルヒッター・チャンス・ローボールヒッター 50D
レアード 61C 81A 59D 40E 42E 82A 超パワーヒッター・プルヒッター・初球 68C
ウィーラー 69C 77B 64C 32F 36F 79B 超パワーヒッター・プルヒッター・走塁 62C
阿部 友裕 70B 64C 76B 57D 44E 66C 盗塁◎・走塁・初球 69C
村上 宗隆 59D 72B 58D 48E 51D 51D 超広角打法・チャンス・逆境 57D
ビヤヌエバ 58D 78B 61C 35F 57D 75B 超パワーヒッター・プルヒッター・対左投手 56D
宮崎 敏郎 82A 77B 56D 53D 53D 56D 超広角打法・選球眼・初球 65C
福田 永将 68C 74B 63C 50D 51D 67C 超広角打法・パワーヒッター・初球 57D
大山 悠輔 69C 74B 71B 55D 76B 80A 固め打ち◎・チャンスメーカー・対左投手 62C

 

2018年series2と比べると半分以上変わってしまいました。

 

それだけ三塁手は変わりやすいポジションなのかもしれませんね。

 

この中でランキングを付けるとすれば・・・

 

1位 宮崎選手

2位 中村選手

3位 松田選手

 

という感じでしょうか。

 

ミート・パワー・走塁の数値でいくと3番目は大山選手ですが、Aのステータスがあるのは大きいですね。

 

ちなみに最近の活躍を見ているとレアード選手やウィーラー選手は2019年series2ではステータスを上げてきそうですね。

 

中堅手

秋山 翔吾 85A 77B 77B 70B 75B 74B 超アベレージヒッター・固め打ち・選球眼 79B
柳田 悠岐 85A 84A 80A 53D 52D 86A 超アーチスト・チャンス・広角打法 60C
西川 遥輝 74B 70B 87A 55D 52D 52D 選球眼◎・盗塁・ラインドライブ 80A
西浦 颯大 59D 60C 76B 43E 50D 73B チャンス◎・逆境・内野安打 65C
加藤 翔平 63C 64C 81A 51D 45E 75B 超チャンスメーカー・走塁・初球 68C
オコエ 瑠偉 58D 67C 77B 48E 40E 69C 超ラインドライブ・走塁・チャンスメーカー 70B
野間 峻祥 72B 66C 80A 67C 60C 90S 超チャンスメーカー・走塁・広角打法 65C
青木 宣親 82A 67C 75B 65C 72B 54D 超アベレージヒッター・広角打法・チャンス 65C
丸 佳浩 80A 83A 73B 51D 63C 59D 超広角打法・パワーヒッター・選球眼 78B
神里 和毅 63C 68C 78B 42E 44E 62C 走塁◎・選球眼・チャンス 60C
大島 洋平 77B 63C 80A 72B 59D 58D チャンス◎・アベレージヒッター・走塁 80A
中谷 将大 60C 72B 69C 61C 55D 76B 超プルヒッター・チャンス・サヨナラ男 68C

 

センターは良い選手が多く半分以上は当たり選手ではないでしょうか。

 

特に柳田選手、丸選手、秋山選手は大当たり選手だと思います。

 

ただ、守備適正が変わって秋山選手と丸選手がBになったのが残念なところですね。

 

1位 柳田選手

2位 丸選手

3位 秋山選手

 

ちなみに同値に出来そうな選手は柳田選手、丸選手、大島選手です。

 


カテゴリ:Sランク  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

ページの先頭へ